CPUファンエラーです!F1キーを押してSETUPを実行する

 
CPUファンエラーです!F1キーを押してSETUPを実行する

起動時のこのメッセージは、古い、あるいはそれほど古くないASUSマザーボードを搭載したマシンでよく見られますが、他のブランドでも表示されることがあります。

私は、何も問題のない新しいコンピュータの電源を入れた初日から数ヶ月間、このエラーメッセージが表示されました。組み立てた会社に尋ねると、多かれ少なかれ「それは何でもない」と言われ、BIOSで警告を無効化するように言われました。

しかし、当然ながら、エラーと思われる警告を無効にしても、エラーがある場合は解決しないので、私には不完全な解決策としか思えませんでした。

メッセージをテキストで分析すると、CPUファンの未確定なエラーが警告され、F1キーを押してBIOSの設定にアクセスする必要があることだけがわかります。

エラーが存在しない場合はどうなりますか?

問題が存在しないため、この問題には解決策がないこともあります。というのも、エラーは、あるブランドのファンで誤った読み取りによって誤って生成されたメッセージそのものであることがあるからです。

私を軌道に乗せ、この説を補強する説明の1つが、インターネットの隅々まで探し回った末に見つけたこちらです。

「Arcticファン 私のファンのブランド)は動作範囲が非常に広く、非常に低い回転数で回転し、PWM信号が一定の割合を下回ると完全に停止することがあります。マザーボードには低回転アラームがあり、ファンが低回転で回転していることを検知して、ファンの故障と勘違いしてしまいます。BIOSでこのアラームが何rpmに設定されているかを確認し、rpmの数値を下げるかアラームを無効にすれば完了です」。

ありそうな話だった。それでも私は探すのをやめず、ASUSのウェブサイトでさえ、CPUファンの回転数警報を無効にするというこの解決策を有効としていることを読みました。

しかし、これは 普遍的な解決策でもなければ、最も推奨される解決策でもないことを強調しなければなりません。たとえCPUファンがArcticブランドで、ASUSボードがASUSブランドであっても、この解決策を選ぶ前に、エラーメッセージが本物でないことを確認する必要があります。

ファンを確認する

ファンが回転しているか、接続すべき場所(CPU_FAN上)に正しく接続されているか、コネクタに異常がないかを確認してください。マザーボードの説明書を確認してください。CPU_FANの接続は、明白な理由から、通常、ほとんどすべてのボードで、プロセッサファンの近くの上部にあります。

CPUファンエラーです!F1キーを押してSETUPを実行する 1

何かが間違っている、壊れている、緩んでいる、または破損している場合に備えて、ファンを分解し、再組み立てして再接続します。

ファンを清掃してください。ゴミが原因で、必要以上に低速で回転したり、断続的に速度が落ちたり、あるいは停止したりすることがあります。また、異音がしないか確認し、機械的なエラーや明らかな破損がない場合は、ミシン油を一滴垂らしてベアリングに少し注油し、音が消えるかを確認することができます。

物理的な問題が確認された場合は、可能であれば修理するか、ファンを交換する必要があります。

また、BIOSをアップデートして、最新版のBIOSで問題が解決するかどうか確認するのもよいでしょう。

エラーメッセージを無視する

マシンが通常より熱くなっておらず、すべてが正常に動作し、ファンが正常な速度で回転し、何も壊れておらず、醜い音がしない場合に限り、問題の警告を安全に無効化し、二度と表示しないようにすることができます。

エラーメッセージを無視するには、通常の手順でBIOSに入ります。再起動し、F2(またはお使いのマシンに割り当てられたアクセスキー)を押します。そこで、通常F7で入るアドバンスモードに進み、モニタータブの下にあるCPU Q-Fan Controlを探します。

CPUファンエラーです!F1キーを押してSETUPを実行する 2

CPU Fan Speed Low Limitをクリックし、「Ignore」を選択します。

CPUファンエラーです!F1キーを押してSETUPを実行する 3

なんなら、300rpmや200rpmといった低速を選択してみるのも手です。私の場合、BIOSがファンの回転数を誤読し続ける(あるいは読まない)ため、何の効果もありませんでした、


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting