Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法

 
 

Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法

Elementorで投稿テンプレートを作成する手順

タイトルに宣伝されていることをするのに苦労してこれを書こうと思ったのは、ほとんどElementorを長い間使っていなかったからで、ビルダーは、見せかけの直感的な操作では、自転車に乗るようにはいかないからです。また、少し前にPROにアップグレードしました。

そこで、自分が探していたものを見つけるまで、しばらく検索していじくり回していたので、同じ境遇の人の参考になればと思い、ここにその過程を残しておきます。

現在のテンプレートをElementorで改良したものを作り、それをすべての投稿に適用するのがミッションです。

の無償版でも実現可能です。 エレメンターとはいえ、作り方も応用も違っていて、自動化はかなり進んでいると記憶しています。

そもそも、テンプレートに直接変更を加えるつもりであれば、テンプレートの更新で変更内容が失われないように、必ず子テーマで作業すべきなのは言うまでもないことです。

持っていないのであれば、作るべきだし、持つべき理由を見つけるべきでしょう。子テーマ」は、手動またはプラグインで行うことができます。この件に関して 情報を持っているを、あなたを退屈させないために。

私の場合、テンプレートは、から作ったものです。 GeneratePress PROとの組み合わせは最高ですElementor PROただし、他のテンプレートでも手順は同じです。

以下はその手順です。

オプション1

最初のステップは、テンプレートとしては通常のものです。bootstrapなどのお好みのエディタを開き、タイプしてください。

<?php
/*
* Template Name: Mi-plantilla
* Template Post Type: post
*/
get_header(); ?>
>
		<main id="main" <?php generate_do_element_classes( 'main' ); ?>>
			<?php
			/**
			 * generate_before_main_content hook.
			 *
			 * @since 0.1
			 */
			do_action( 'generate_before_main_content' );
			if ( generate_has_default_loop() ) {
				while ( have_posts() ) :
					the_post();
					generate_do_template_part( 'single' );
				endwhile;
			}
			/**
			 * generate_after_main_content hook.
			 *
			 * @since 0.1
			 */
			do_action( 'generate_after_main_content' );
			?>
		</main>
	<?php
	/**
	 * generate_after_primary_content_area hook.
	 *
	 * @since 2.0
	 */
	do_action( 'generate_after_primary_content_area' );
	generate_construct_sidebars();
	get_footer();

次に、get_header(); ?> の後のすべてを、現在のテンプレートのsingle.phpページにコピーしてください。

そして、get_header(); ?>のすぐ下にあるコピーしたものをすべて新しいファイルに貼り付けて、子テーマのフォルダ内に拡張子 .php と好きな名前を付けて保存してください。新しいテンプレートであることがわかるような名前、たとえば my-template.php を選びます。

そのことは このように.

ここから先は、新規に記事を作成し、Input Attributesに「My-template」を適用して設定を開始する方法が考えられます。

Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法

その場合は、「レイアウトへ」までのステップをスキップするか、おそらくより混乱しにくい、以下に説明する2番目の方法を取ることができます。

オプション2

テンプレート」メニューから「新規追加」を選択します。

Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法

次の画面では、「Single Post」を選択します。好きな名前をつけて、「CREATE TEMPLATE」をクリックします。

Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法

次の画面では、利用可能なテンプレートのライブラリが表示されます。

Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法

何も選択せずにこのライブラリウィンドウを閉じると(これらのデザインの1つでレイアウトを開始する場合を除き)、以下のように表示されます(テンプレートの外観を持つ)。

通常、すでにヘッダーとメニュー、フッターが表示されていると思います。

レイアウトへ

Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法

赤丸の+マークをクリックすると、以下のようなボックスが表示され、投稿ページの構成を選択することができます。

Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法

ここで、選択肢はシンプルです。あなたのブログの記事ページのサイドバーが右、左、両方、またはどちらでもない場合、一致するオプションを選択します。

いずれにせよ、現在の投稿ページの要素のレイアウトを正確に再現するつもりであれば、この構造は一致させる必要があります。後からスペースを追加するために行ったことを元に戻すには、必然的にセルやウィジェットを削除して、構造を選択する段階からやり直すことになります。

私の場合、テンプレートでは右側にサイドバーを使っているので、これを選択しました。

Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法

いつかサイドバーを右から左に変更したり、削除したりする場合は、新しい構造の記事テンプレートを作成する必要があることを忘れないでください。

ウィジェット・テトリス

さて、いよいよすべてを所定の位置に配置します。サイドバーを追加し、表示されるもののウィジェット・レイアウトに取り掛かります。

Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法

一般的なオプションでは

Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法

また、任意のエントリーをプレビューとして選択することも可能です。こうすることで、特定のコンテンツの変化をリアルタイムに確認することができます。

Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法

出版

一般的な設定で必要なものがすべて揃っていることを確認し、サイトの外観を確認し、必要なプレビューを作成したら、保存または公開することができます。公開する場合は、すべての応募作品に適用させることができます。また、訪問者が予期せぬエラーに遭遇するリスクを避けたい場合は、1つの古い投稿でテストすることもできます。

Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法
Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法

投稿テンプレートやページテンプレートなど、異なる種類のテンプレートを作成する場合も同じ手順で行います。間違いを恐れず、すべての変更をデフォルトのテンプレートに戻すには、この設定に戻り、条件を削除すれば、すべてがテンプレートを適用する前の状態に戻ります。

Elementor PROでWordPressの全記事に対して1つのテンプレートを作成する方法


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting

Grandes personan que patrocinan.

Patreon

Recibe contenido extra y adelantos desde sólo un dolarcito al mes como ya hacen estos amables lectores:

César D. Rodas - Jorge Zamuz - David Jubete Rafa Morata - Sasha Pardo - Ángel Mentor - Jorge Ariño - Vlad SabouPedro - Álvaro RGV - Araq