Franquin VS Dupuis、Gaston Lagaffeの「死」に対する権利のために。

 
  • ES
  • RU
  • CN
  • PT
  • DE
  • FR
  • EN
  • Franquin VS Dupuis、Gaston Lagaffeの「死」に対する権利のために

    著作権をめぐる訴訟や喧嘩、争いはいつの時代にもあるが、今回のケースは特別だ。今、弁護されているのは、自分のキャラクターを一緒に死なせてほしいという作者の願いだからだ。

    アンドレ・フランケンガストン・ラガフ(ここではトマのジンクス)の作者であるフランキンフランキン(1924-1997)は、当時、自分のキャラクターを他の作者に描かれて生き残ってほしくないと表明し、その願いを叶えるために娘のイザベル・フランキンに著作者人格権を譲り渡したという。

    出版権を持つ出版社デュプイは、10月に発売される新しいストーリーのアルバムでガストンが復活する「Le Retour de Lagaffe」を発表し、4月にはキャラクターアニメの試写配信を開始しました。イザベル・フランカンはこのプロジェクトを「違法」とみなし、その後、裁判所に一切の出版物の即時停止を申請し、ベルギーの裁判所は2023年までガストン・ラガフの新刊コミックの出版を差し止めたのである。

    5月16日、Isabelle Franquinは、以下の記事を公開しました。 公開書簡などの漫画家をはじめ、約800人の著名人の賛同を得た。 フィリップ・ゲリュックo ブノワ・ペータース.

    追記:2022年3月17日、アングレームで開催された国際漫画祭で、Dupuis(Média Participation group)の編集長Stéphane Beaujean氏が記者会見し、カナダ人のMarc Delafontaine、別名Delafの鉛筆でGastonを復活させることを発表しました。

    3月17日と18日、Le Vif L’Express, Le Soir, Spirou, Le Monde, Libé (Libération) などのベルギーとフランスのメディアに、このガストン企画のイラスト(「Me revoilà!」「Noo!」ファンタジオに倒れるプリュネルの返信)、アルバムジャケットのスケッチが掲載されています。

    Beaujean氏は、1997年に亡くなったAndré Franquin氏の唯一の相続人であり正当な所有者であるIsabelle Franquin夫人が父親の性格を引き継ぐことを望まなかったことを認めつつ、彼女の反対にもかかわらず、Dupuis氏にこの権利が与えられただろうと主張しています。

    これは事実ではありません。

    イザベル・フランカン夫人は、父親に代わって著作者人格権を行使する、すなわち作者の忠誠とその意思を強制する権利を有する唯一の人である。道徳的権利は不可侵である。アンドレ・フランカンは生前、常に「ガストンが他の芸術家の鉛筆の下で生き残らないように」という願いを何度も口にした。

    このため、Isabelle Franquin夫人は、Marsu BV(JF Moyersoen氏)への経済的権利の譲渡契約によって課された仲裁手続きを適用し、同人は2013年3月にDARGAUD-ROMBARD(Média Participation group)に譲渡しました。

    2022年4月6日からJournal de SpirouにDelafによるGastonの週刊連載が事前掲載されるという発表に直面し、Isabelle Franquin氏はブリュッセルのフランス語圏第一審裁判所長に、仲裁判決が出るまでこれらのイラストと漫画のすべての事前掲載の緊急暫定停止を申請しました。

    3月25日に導入されたこの略式手続きは、2022年5月16日の審理で主張されました。

    Editions DupuisとDargaud-Lombardの両社は、仲裁が終わるまでは何も出版しないことを約束しています。版画も、ドラフによるガストンの版画、漫画、デッサンの抜粋も、仲裁判決が下されるまで出版しないのです

    このような条件の下で、本件費用の問題のみが略式手続で決定されることになる。受注は6月上旬を予定しています。主な合意事項は、Média Participationsグループの各社が、裁判の判決が出るまで、André Franquinの作品に対する著作者人格権を侵害しないようにすることです。

    イザベル・フランカン夫人は、父の遺言の尊重を最後まで守り抜きます。

    Isabelle Franquin、2022年5月16日。

    マスコミの一部の試算によると、出版されれば120万枚が売れるという。

    法律とモラルのジレンマが繰り広げられているのです。一方では、出版社が享受する正当な権利を活用することができるとされているが、この権利と、作者がガストン・ラガフを「殺したい」と表現した漫画家の娘が獲得した人格権が、法の下でどうぶつかるかは未知数である。

    出版社の弁護士は、アンドレ・フランカンが遺産として娘に残したこの著作者人格権は、新しい漫画の内容に直接関係する倫理的または芸術的な理由で、ある出版企画に反対することを可能にするが、新しい漫画の出版一般には関係ないと主張する。

    それはともかく、この事件は、通常「業界」と呼ばれる純粋な商業主義的な意味での業界と、より個人的、感傷的、芸術的な作者の領域との間の興味深い戦いとなるため、注目すべき事件であろう。

    最終的な判定は9月に行われる予定で、その時に確かなことが分かると思われます。


    Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

    Artículos relacionados