Gutenberg 15.3の新しい「読書時間」ブロック

 

先週、Gutenbergのバージョン15.3がリリースされました。中でも、投稿やページの推定読書時間を計算して表示するための新しい「読書時間」ブロックが追加されました。

エディターの管理者詳細パネルに表示されるメトリクスと同じ方式を採用しています。

WordPressによると、読者に記事の推定読書時間を一目で知らせることで、読み続けるべきか、後で保存すべきかを判断するのに役立つという。

Gutenberg 15.3の新しい「読書時間」ブロック

他の分析では、訪問者は、完成した記事を読むのにかかるおおよその時間を事前に知っていると、訪問する可能性が高くなると結論付けており、理論的には、直帰率のバランスをとることによって、サイト滞在時間を少しでも長くすることができます。

Time to read Gutenberg Block

このブロックには、位置やタイポグラフィ、色の設定などはありません。できることは、テンプレートにクラスと追加のCSSを追加することだけです。

私のステージングの問題かどうかわかりませんが、ブロックを追加する際、エディターではminutesという単語がスペイン語で表示されますが、公開やプレビューではminutesという英語で表示されます。

60分の読書時間を超えるほどテキストを追加してみましたが、「1時間」のオプションはなく、「分」のみ表示されます。下限値も何もない。文字を入力すると、すでに最低1分と表示されます。

少し整形できるようにショートカットを試してみたところ、GenerateBlocksコンテナ内でも動作しないことがわかりました。だから、CSSを使うしかない。

Gutenberg 15.3の新しい「読書時間」ブロック

このブロックは、原始的とまでは言わないまでも、あまりにもミニマルな印象なので、時間をかけて改良していくのでしょう。

Gutenbergは、WordPressのコアに追加されるかもしれない新機能をテストするためのベータ開発プラグインであることを忘れないでください。機能的には問題ないものの、あくまでもテストなので、本番サイトにはインストールしないほうがよいでしょう。

最終的なネイティブバージョンが登場するまでの間、プラグインなしで推定読書時間をブログに追加したい場合、いくつかのコードでそれを行うことができます。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting