LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

 
 

この記事は、 スポンサーリンクや宣伝内容を含まず 私の経験のみに基づくものです。

コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)とは、 世界中にあるサーバーのネットワークで、お客様のコンテンツのコピーを保存し、訪問者の発信国に最も近いサーバーから配信するものです。

これは、大まかに言えば、サーバーの負荷を軽減し、より多くの優れたリソースで帯域を拡大することに加え、サイトの大幅な改善 スピードをご覧ください。

必要ですか?

これに対するベストな答えは、いつものように「人それぞれ」です。これらの質問の答えのいくつかがイエスである場合、CDNの使用を検討することをお勧めします。

  • すでに多くのコンテンツを持っていて、多くの画像やグラフィックなどをホスティングして提供していますか?
  • から定期的に十分なトラフィックを受け取っていますか? 他国異なる大陸から?
  • あなたのウェブサイトは遅くないですか?

絶対的な答えはなく、自分のブログの状況に応じて必要かどうかを判断する必要がありますが、サイトのトラフィックが少ない場合は、CDNの利用はおそらく全くメリットがなく、改善を実感できないことも知っておく必要があります。 以下はその説明です。.

最後に使ったCDNはCloudflareでしたが、実は納得がいかず、パフォーマンス向上を約束したオプションの中には、実際には逆効果のものもありました。

リバースプロキシCDN

Cloudflareと同様、QUIC CDNもリバースプロキシ型のCDNプロバイダーです。通常のCDNプロバイダー(AWS CloudFront、Google Cloud CDNなど)は、静的ファイル(画像、CSS、JSなど)をサーバーから配信するだけです。

しかし、リバースプロキシCDNプロバイダーは、動的なHTMLファイルだけでなく、静的なファイルもすべてCDNから提供します。この機能により、通常のCDNプロバイダーと比較して、ページの読み込みが大幅に高速化されるという利点もあります。

QUIC.cloudとCloudflareの比較

LiteSpeedのCDN「QUIC.cloud」の登場で、次のように書かれています。 上辺だけQUIC.cloudとCloudflareの違いをざっと説明すると、あまり多くはないのですが、あるものは注目すべき点です。

結論から言うと、Cloudflareが明らかに勝っているのは、PoPの拠点数である。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。
詳細はこちら QUIC.cloudのグローバルネットワーク上で

QUIC.cloudは現在8地域で70のPoPを持ち、Cloudflareは中国本土を含む100カ国以上の250都市にポイントを持ち、地球のほぼ95%をカバーし、非常に多くの国々で利用されていることがわかります。 グッドレイテンシー.

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。
詳細はこちらクラウドフレアのグローバルネットワークについて

QUIC.cloudが優れている点は、サーバーサイドのLiteSpeed Cacheプラグインとの統合によるWordPressでのパフォーマンスと、その他の無料機能です。 サービス無料の最適化サービスを提供しています。

必要条件

もちろん、WordPressがインストールされていなければなりませんし、すでにお気づきかもしれませんが、QUIC.cloud CDNを使用するためには、LiteSpeedとCDNでホスティングされているサイトでなければなりません。 あなたのプラグインキャッシングがインストールされています。

その場合、CDNを利用するための無料クレジットも用意されているので、トラフィックがそれほど多くない場合はこれで十分かもしれません。この種のサービスのほとんど全てに言えることですが、さらに必要な場合に延長するためのクレジットは、かなり安価です。

本題に入る前に、@。 このツール をクリックすると、お使いのドメインがQUICとHTTP/3に対応しているかどうかを確認することができます。

無料オプションは、試しに使ってみるには良いですね。基本的なセキュリティを提供し、最近のトラフィック分析のみを表示します。

70のPoPを持つStandardオプションは、同じく無料で10〜200の月間クレジットを提供し(大陸によって消費量は異なるが100クレジットで約10Gb)、そこからはクレジットを購入する必要がある。

クレジットがなくなると、単に切断され、翌月の初めに再接続され、無料クレジットがリセットされます。

スタンダードでは、複数のノードと高性能なリージョンを提供しています。DDoS対策やIPアクセス制御などのセキュリティ機能、最大1年前の分析レポートも。

CDNを設定する

3月9日にここで起動させたので、プロセスが新鮮なので、誰かのガイドになればと思い、ここに残します。

Configurar y activar QUIC.cloud CDN en LiteSpeed

まず始めに、Litespeed Cache Pluginにキーを要求する必要があります。

数分後、更新すると、リクエストが承認された旨のメッセージが上部に表示されます。

さて、最初の画像にある「Link to Quic Cloud」ボタンをクリックすると、アカウントの作成に移ります。もし持っていないなら、作るべきでしょう。

Configurar y activar QUIC.cloud CDN en LiteSpeed

新しいQuic.Cloudアカウントでログインすると、LiteSpeed Cacheプラグインにリダイレクトされ、オレンジ色のボタンが緑色になり、管理領域に直接移動することがわかります。

そこをクリックしてください。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

最初に表示されるのは、あなたのドメインがすでにリンクされているパネルなので、それをクリックします。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

CDNがサービス一覧の上部に「無効」と表示されるので、そこをクリックします。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

これで、CDN有効化ボタンが表示されますが、クリックしても有効化できません。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

それを有効にするには、LiteSpeed Caché プラグインに戻り、そこから実行する必要があります。ONを確認し、変更が保存される。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

Quic.cloudのパネルに戻ると、アクティベートできるようになります。起動させるのです。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

最初の選択肢「QUIC.cloud DNSを使用する」を選択します。メイン(ルート)ドメインを使用する最も簡単で迅速な方法です。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

次のステップでは、“Confirm Choice“をクリックして少し待つと、DNSゾーンが生成されて設定されます。必要であれば、後から編集したり、削除したり、新しいレコードを追加したりすることも可能です。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

レコードが自動的に検出され、このようなリストが表示されます。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

選択し、緑色の「+Enable and Add Records」ボタンをクリックします。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

QUIC.cloudネームサーバーが生成され、割り当てられます。このネームサーバーを、現在お使いのドメインにあるネームサーバーの代わりに配置する必要があります。

これを行うには、ドメインを購入したプロバイダーで、DNS管理ゾーンに行き、QUIC.clodが提供する新しいネームサーバーを追加する必要があります。

写真の例では、CDMonでDNSを変更した場合です。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

この時間は、各プロバイダーやネットワークの状況によって異なりますが、完全に伝搬するまで約24時間待つ必要があります。

QUIC.cloudパネルに戻り更新すると、CDNはすでに検証されアクティブになっていますが、証明書がまだ認識されていないという警告とカウントダウンのメッセージが表示されています。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

この時間を待ち、証明書が認識された時点で、すべての準備が整い、あなたのブログでCDNが使用されることが想定されるのです。更新すると、このように表示されます。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

あとは、左メニューの「CDN Config」でいくつかのオプションを設定するだけです。これらはCDNの通常の運用のための基本的なもので、あとは自由に設定してください。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

2022年7月更新。プラグインの5.0.0.1アップデートで、QUIC.cloud CDNを簡単に設定するためのCDN自動設定機能が追加されました。

CDNのパフォーマンスを確認する

最後に、DNSが伝搬されたことを確認したら、(伝搬の様子はこちらでご覧いただけます。) CDNがアクティブで、その仕事をしていることを確認する必要があるだけです。すべてがあるべき姿であることを確認するために、あなたのドメインの URL を 本チェッカーLiteSpeedを起動すると、このように表示されるはずです。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

また、ブラウザのコードインスペクタ(Ctrl + Shift + C)やドメインのネットワーク/すべてで相談することで、ヘッダにx-qc-cache:hitx-qc-pop: NA-US-LGA-33(またはここで確認できる他の国コード)が表示されることを確認することができます。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

クレジットについて

私は10日足らずで100クレジット(10Gb)を無料で手に入れたので(その期間中に何度か良いトラフィックピークもありました)、テストを続けられるようにFREEプランに切り替えたと言えます。

4月5日にスタンダードプランに戻り、5000クレジットを5ドル(約4,5ユーロ)で購入しました。さて、今日(5月27日)現在、私はまだ4027クレジットを残している。ですから、平均値や現在のトラフィックにもよりますが、これらのクレジットは少なくとも6、7ヶ月は続きます。本当に安いですね。これらは 物価の電流が流れます。

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。

ポイントは、最も多くのトラフィックを受け取る地域を選び、その場所からの訪問数が大したことがなければ、最も「高価」な地域を無効にすることです。明らかに、無効化された地域から来る訪問は、Quic Cloud CDNを通過しません。

クレジットの状況

LiteSpeedでQUIC.cloud CDNを設定する。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting

Grandes personan que patrocinan.

Patreon

Recibe contenido extra y adelantos desde sólo un dolarcito al mes como ya hacen estos amables lectores:

César D. Rodas - Jorge Zamuz - David Jubete Rafa Morata - Sasha Pardo - Ángel Mentor - Jorge Ariño - Vlad SabouPedro - Álvaro RGV - Araq