Manu Cornet, ソフトウェアエンジニア、Twitterの “トラブルメーカー “漫画家

 
 
Manu Cornet, ソフトウェアエンジニア、Twitterの "トラブルメーカー "漫画家
マニュ・コルネの漫画、2022年4月7日発売

TR:“言論の絶対的自由という我々の寛容な方針に反する発言をしたTwitter社員は、即座に解雇される。”

正確には、クビになったからEx

この漫画は4月に公開されたもので、イーロン・マスクの上陸が近いというニュースがTwitterで流れた後、真っ先に解雇された41歳のフランス人、エンマニュエル・コルネによるものです。

これは、マヌが1年余りソフトウェアエンジニアとして働いていた「Twittoons. vignettes about life on Twitter」というページでまとめているシリーズに属するものです。Twitterに入社するために退職した前職は、Googleだった。

この間、同社を風刺する漫画も描き、「グーコミックス」という名でここに収録されている。Googleでの生活を描いたコミック」。

マヌーは、イーロン・マスクの買収後、新経営陣が「トラブルメーカー」を相手にしたがらなかったために解雇されたと考えている。

Manu Cornet, ソフトウェアエンジニア、Twitterの "トラブルメーカー "漫画家
Manu Cornet氏による漫画。2022年11月8日。

TR:もうやめましょうか?

いや、これは楽しい。

イーロンの番です。

これらのことは、彼のウェブサイトにある””というタイトルの興味深い文章に要約され、拡張されています。バイバイTwitter“ここで彼はまた、すでに知られていたものもあれば、そうでないものもあるが、直感的に、あるいは当然と思われるような「不思議な」豆知識を語っている。

2022年10月のTwitter買収後、私が最初に解雇された一人であることを考えると、その理由を知りたがっている人もいるようです。新しい経営陣には迷惑をかけすぎたというのが、今の私の考えです」。

2021年10月、Twitterの人事から、私が投稿 した 漫画の削除を依頼 されました。 社内での投稿は削除しましたが、公開されているTwitterの投稿も削除するように言われたのが嫌でした(本来は権限外であるはずの投稿)。

Then CEO Jack Dorsey had sent me a very brief question about it“(マヌーが、グーグルでもこれほど積極的な検閲の試みに遭わなかったとコメントした時)です。

Manu Cornet, ソフトウェアエンジニア、Twitterの "トラブルメーカー "漫画家

「その箇条書きはすべて、それ以来、 Twittoonsで公開されています」とマヌーは振り返る。

2022年10月、イーロン・マスクがサンフランシスコのオフィスを訪れた際、この漫画に短い専用メモを付けて印刷したものを作り、彼に渡しました。

Manu Cornet, ソフトウェアエンジニア、Twitterの "トラブルメーカー "漫画家
TR:「壊れたら買い」。

イーロンはこの漫画を受け、「まあ、とにかく買ってみたよ」と漫画の内容に沿った返答をした」。

Manu Cornet, ソフトウェアエンジニア、Twitterの "トラブルメーカー "漫画家

さて、コルネも解雇をめぐる集団訴訟に参加した一人で、11月4日に自身のツイッターで発表した

当初は、こんなことをするつもりはなかったのですが……。でも…ママ、見て!Twitterを訴えるよ」。

Manu Cornet, ソフトウェアエンジニア、Twitterの "トラブルメーカー "漫画家

スペインでの人員整理に対して、言葉だけでなく具体的にどのようなアクションを起こすかは未知数だが、このソープオペラが終わったわけではないのだ。

イーロン・マスクは、今や 公式にトンターの最大の悩みの 種となって いるが、不条理なアイデアを生み出す素晴らしい人物である。

これは、Twitterを有料化する「可能性がある」「考えている」という最新の噂のような、あらゆる種類の噂の餌となり、助長されます。メディアでねじ曲げられたものが見出しとなり、「こうなる」とほぼ断定して終わってしまうのです。

Manu Cornet, ソフトウェアエンジニア、Twitterの "トラブルメーカー "漫画家
マニュ・コルネ漫画、2022年11月7日発売

なんだ……どうしたんだ……?

あ、コックピットにテスラのロビーがいますね。彼は電気自動車にしか乗っていない…

パイロットはどこだ?

クビにしたんだろう?

でも、心配しないで、イーロンはまだ最高だよ。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados

コメントする