STILL・・・アメリカの人種差別

 
 
STILL・・・アメリカの人種差別

STILL… Racism in Americaは、アメリカの人種差別をテーマにした漫画の回顧展で、ニューヨークのMedialia Galleryで開催されます。 原初をニューヨークのMedialiaギャラリーでマウントしました。 2020年2月.

これは、2020年の展覧会に関するABC7の記事です。

このインスタレーションは、オハイオ州立大学のキュレーションによるもので、オハイオ州立大学のBrumsic Brandon, Jr.コレクションにあるルーサーのオリジナル漫画も展示される予定です。 ビリー・アイルランド漫画図書館・博物館.STILLのキュレーションは タラ・ナカシマ ドナヒュー.

この展覧会は、. スパーキーを讃える:チャールズ・シュルツとピーナッツ.

5月21日(土)には、ビリー・アイルランド漫画図書館・博物館にて、バーバラ・ブランドン=クロフトとタラ・ナカシマ・ドナヒューによるオープニングレセプションとプログラムが開催されます。

先駆的な父娘漫画家であるブルムシック・ブランドンJr. バーバラ・ブランドン=クロフトは、人種差別というレンズを通して、国の文化的風景を漫画で表現している。

長男のブランドンが作った ルーサー1960年代後半から1986年までロサンゼルス・タイムズ・シンジケートで放送され、辛辣な論説漫画でも知られた。

STILL・・・アメリカの人種差別
逆差別。Brumsic Brandon, Jr. (1976)出典:バーバラ・ブランドン=クロフト

Where I’m Coming From」は、1989年にデトロイト・フリー・プレス紙でデビューした、全米初の黒人女性漫画家である末娘の作品である。その後、ユニバーサル・プレス・シンジケートは、2005年まで彼女の挑発的な作品を配信した。60年間、それぞれのペンは「 何も変わっていない」という真実を剥き出しにしていた。この回顧展は、アメリカにおける人種差別の亡霊が、いまだ鮮明に残っていることを明らかにする。

ブルムシック・ブランドン・ジュニア(1927~2014年)

この多作な漫画家は、社会批判を含んだ漫画を描く動機は、「白人で人種差別的な社会の中で黒人であることの経験」からきていると語っている。1960年代後半にはコミックストリップ「ルーサー」を制作し、その後1986年までロサンゼルス・タイムズ・シンジケートで全国的にシンジケートされた。それ以前、そしてその後もしばらくの間は、ブラックプレスなどに洞察に満ちた編集漫画を数多く制作していた。メッセージ性の強い漫画を描くことが、ブランドンさんの天職だったのです。良くも悪くも、私はコミットされたのだ」と書いたことがある。

バーバラ・ブランドン=クロフト(1958年)

STILL・・・アメリカの人種差別
写真:筆者のFB

父と同じように、息子と同じように。末娘のバーバラは、アメリカ社会の悪を暴きたいという彼の願望を、自分も芸術を通して満たすことができることを知った。Where I’m Coming From』は、国内初の黒人女性漫画家として主流紙に登場したブランドン=クロフト氏の作品です。1989年にDetroit Free Pressでデビューし、その後Universal Press Syndicateに拾われ、2005年まで配信されたコミックストリップ。ブランドン・クロフトは、「必要に迫られて」インターネット上で社会批判を続けているのだという。

出典 ビリー・アイルランド漫画図書館・博物館


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados