WordPressで特定のページのみプラグインを有効または無効にする方法

 

多くのアクティブなプラグインがあるWordPressのインストールを最適化することに直面したとき、クライアントがどのプラグインも使いたくない、あるいは使わずに済ませることができないというシナリオに何度も遭遇しました。

プラグインが適切に記述されていれば、それが使用されていないページでは何も読み込まないはずですが、残念ながら常にそうとは限らず、外部ツールに頼らずにこれを改善できることはほとんどありません。

最良の解決策の一つは、存在する最高の有料WPOプラグインを使用することです:Perfmatters。この必携のアドオンには完全で強力なスクリプトマネージャがあり、各プラグインの免責ルールをさまざまな場所に作成し、CSSやJSが不要な場所に読み込まれないようにすることができます。

それでも、まだ他のリクエストが送信されていたり、ブログのどこかで何かが読み込まれている可能性があります。そこで、プラグインを完全に停止させたい、つまり特定のページからプラグインを完全に無効にしたい場合、Plugin Organizerは他のオプションの中でもまさにそのオプションを持っています。このため、Perfmattersのアドオンとして非常に優れた無料ツールとなっています。

Plugin Organizerでは、プラグインの読み込み順を変更することもできます。しかし、プラグインの順序を変更したり無効にしたりすると、ページに壊滅的な影響を与える可能性があることに注意してください。

私はこのプラグインを何度か使ってとても良い結果を得たので、その開発者は少なくともレビューに値します。

特定のページからプラグインを除外するには、少なくとも一般設定で"Selective Plugin Loading"オプションが有効になっていることを確認する必要があります。残りのオプションはこの画像のままにしておいてください。

すべてのプラグインが"Global plugins"タブで有効になっている状態で、任意の投稿のエディションを開くと、エディターの下に"Override Post Type settings"をチェックすることでオプションが拡張され、その投稿やページに対してのみ有効なプラグインを除外することができます。

よりよく理解するために、もしプラグインがページや投稿のエディターのこのボックスで黄色で表示されるなら、それはグローバルに、つまりサイト全体で無効になっています。灰色で表示されるのは、インストールされているが、WP管理から有効化されていないプラグインです。

適用除外が適用されていることを確認するには、シークレットモードでサイトにアクセスする必要があります。

これで完了です。あとは、各ページや投稿のプランを作成するだけで、これらのページの読み込み速度、ひいてはサイト全体の読み込み速度が大幅に改善されます。

もう一つの主な機能は、プラグインの読み込みを好きなように設定できることです。これを行うには、メニューから"Group And Order"に行き、各プラグインを好きな位置にドラッグするだけです。読み込みの順番は上から下に設定されます。

WordPressで特定のページのみプラグインを有効または無効にする方法

使用するキャッシュプラグインや、CSSとJSを最小化したり結合したりする設定によっては、好ましい結果を得ることもあれば、逆の結果を得ることもあります。

いずれにせよ、アドバイスはいつもと同じです。まずステージング環境でテストするか、本番環境でテストする勇気があるなら最近のバックアップを用意し、万が一のためにすべての手順を書き留めておくのがベストです。とにかく、このプラグインにはプラグインをデフォルトの順番にリセットする"Reset to Default Order"オプションがあります。

最初は少し乱雑に見えるかもしれませんが、このカラーシステムは非常に直感的な設定を可能にし、ページの読み込み速度を向上させるか、少なくとも、多くのプラグインをインストールする必要がある場合、それを読み込まず、より多くの負担をかけるためにそれを利用することができます。

ドキュメント

よくある質問


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting