WordPressで自動作成される画像のサイズが異なるのを無効化する方法

 
  • ES
  • RU
  • CN
  • PT
  • DE
  • FR
  • EN
  • WordPressで自動作成される画像のサイズが異なるのを無効化する方法

    今お読みいただいているこの作品のように、WordPressのインストールが森より古く、そのコンテンツがある程度定期的に更新されていると、画像の蓄積が大きな問題になることがある、とはよく言ったものです。

    画像を長期にわたって蓄積することは、長期的には結果をもたらします。

    inodeまたはinode

    その未知数なものたち。inodeとは、サーバー上の任意のファイルやフォルダーのことです。これには、画像、映像、メール、ログ、スクリプト、スタイルシートなどが含まれます。何があってもすべて1としてカウントされます。

    大半のホストは、「容量無制限」と宣伝しているにもかかわらず、常にinodeの数に制限を設けています。とても寛大な方もいらっしゃいますが。 ルーカスホスト例えば、「餃子の王将」「餃子の王将」「餃子の王将」「餃子の王将」「餃子の王将」のように 百万に制限しているホストもありますが、他のホストでは 下火になるを大幅に削減しました。

    いつか移行する必要があっても、大量のinodeを取り除かなければ移行できないかもしれません。

    資源のムダづかい

    未使用の画像を山のようにホスティングすることは、必要なことに使えるはずのディスクスペースを浪費することになり、また、軽快さを損なう一因にもなっています。

    また、何年も放置していた場合、その多くが最適化されていなかったり、何らかの理由(例えばテンプレートの変更やプラグインの残骸など)で壊れてしまい、永遠のリクエストが増え、リソースの消費量が増えている可能性が高いです。

    大切なのは、計画を持つこと

    そして、計画の前に、データベースを含むブログ全体の最近のバックアップ。いつもそうしてください。

    目標は、画像の枚数を2枚にすることです。アップロードしたオリジナルのもの(十分な大きさがあり、どこでもスケーラブルに表示できるようなテンプレートになっている)+サムネイル。

    計画を立てるだけでなく、どの画像が使われていて、どの画像が問題なく処分できるかを見極める方法を知っておく必要があります。そのためには、何がそれを生み出しているのかを知ることが肝要です。

    まず、最も重要なことは、使用されているすべてのサイズを調べ、それぞれのサイズがどこで生成されているかを確認することです。多くの場合、テンプレートから、通常functions.phpファイル内にある、多かれ少なかれこのようなコードから作成されます(各テンプレートによって異なり、GeneratePressのように、存在しないこともあります)。

    add_theme_support( 'post-thumbnails' );
    set_post_thumbnail_size( 223, 137, true );
    add_image_size( 'schema-featured', 680, 350, true ); // 注目の

    記事です。


    add_image_size( 'schema-featured2', 1360, 700, true ); // 注目×2
    。 add_image_size( 'schema-related', 211, 150, true ); // 関連。
    add_image_size( 'schema-related2', 422, 300, true ); // 関連×2。
    add_image_size( '
    schema-widgetthumb
    ', 70, 60, true ); // ウィジェット。
    add_image_size( 'schema-widgetthumb2', 140, 120, true ); // ウィジェット×2。
    add_image_size( 'schema-widgetfull', 300, 200, true ); // サイドバー全幅。
    add_image_size( 'schema-slider', 772, 350, false ); // スライダー。
    add_image_size( 'schema-slider2', 1544, 700, false ); // スライダー×2。









    この例は、テンプレートのfunctions.phpにあるものです。 スキーマ以前使用していた 今使っているもの.

    ここでは簡単で、trueを falseに変更する(または行を削除する)だけで、新規アップロード時にサイズが生成されないようにしました。何に使うかも書いてありましたね。サイズを「キャッピング」する前に、そのサイズが生成される機能を使用しないことを確認してください。

    これは、新たにアップロードする画像にのみ適用され、既にアップロードした画像には適用されません。追い出し方については後述します。

    プラグインやウィジェットの中には、特定の用途のために他のサイズのコピーを作成しているものもありますので、ご注意ください。それぞれのドキュメントを参照し、画像の送信元と送信先を特定できるまで、そのパスを注視する必要があります。

    この先に進む前に、それぞれの画像がどこから来たのか、また、削除することにした画像はなくても大丈夫だということがすでにお分かりだと思います。

    WordPressが作成するサムネイル

    これは通常、無駄のない部分です。今でもサムネイルと呼ばれていますが、要は、それ以外のもっと太いサイズも作ってしまうということです。

    バージョン5.3以降、WordPressはメディアライブラリやビジュアルエディタでアップロードした画像に対して、7枚の画像を追加で生成します。つまり、画像をアップロードするたびに 8枚追加されるわけです。

    その他、テンプレートやプラグイン、ウィジェットなどから考えられるものを加えれば、12個以上にもなります。

    これらは、WordPressが作成するものです。

    サムネイル (150x150px)
    中サイズ(300x300px)
    大きいサイズ(1024x1024px)
    
    中・大 768px
    2倍 中大 1536px
    2倍拡大 2048px
    2560pxに縮小

    最初の3つのうち、300と1024はなしにして、サムネイルを150×150から100×100に縮小します。そのためには、「設定/メディア」でサイズを変更し、生成させたくないものに0(ゼロ)を設定するだけです。

    WordPressで自動作成される画像のサイズが異なるのを無効化する方法

    さて、私の場合、100×100のサムネイルがメディアライブラリに表示されることになります。すでに数百、数千の画像と、量とサイズを減らすことでKbやMbの束を節約しています。

    他の4つについては、テンプレートのfunctions.phpに以下のスニペットを追加するか、プラグインを通じて、それぞれの作成を個別に「登録解除」することができます。 コードスニペット.

    768pxワイド、プロポーショナルの無効化

    function shapeSpace_disable_medium_large_images($sizes) {.
    
    unset($sizes['medium_large']); // 768pxサイズの画像を無効化します。
    return $sizes;
    }
    
    add_filter('intermediate_image_sizes_advanced', 'shapeSpace_disable_medium_large_images') を追加しました。

    横幅1536px、プロポーショナルの無効化

    function shapeSpace_disable_2x_medium_large_images($sizes) {.
    
    unset($sizes['1536x1536']); // 2倍中・大サイズを無効にする
    return $sizes;
    }
    
    add_filter('intermediate_image_sizes_advanced', 'shapeSpace_disable_2x_medium_large_images') を追加しました。

    2048pxワイド、プロポーショナルの無効化

    function shapeSpace_disable_2x_large_images($sizes) {.
    
    unset($sizes['2048x2048']); // 2倍大きいサイズを無効にする
    return $sizes;
    }
    
    add_filter('intermediate_image_sizes_advanced', 'shapeSpace_disable_2x_large_images') を追加しました。

    拡大縮小画像(2560px)を無効にする

    add_filter('big_image_size_threshold', '__return_false')を実行します。

    もし、他の可能なサイズのものも含めて、無効化したい生成されたすべてのサイズに対して1つのコードを使用することを望むなら、最初の3つの場合のように、これを引っ張ってきて、WordPressのメディア設定から維持または制御したいものの行を削除することができます。

    すべてのサイズを無効にする

    // 生成された画像サイズを無効にする
    function shapeSpace_disable_image_sizes($sizes) {.
    	
    	unset($sizes['thumbnail']); // サムネイルサイズを無効化します。
    	unset($sizes['medium']); // 中サイズを無効にする
    	unset($sizes['large']); // 大きなサイズを無効にする
    	unset($sizes['medium_large']); // 中大型サイズを無効にする
    	unset($sizes['1536x1536']); // 2倍中・大サイズを無効にする
    	unset($sizes['2048x2048']); // 2倍大きいサイズを無効にする
    	
    	return $sizes;
    	
    }
    add_action('intermediate_image_sizes_advanced', 'shapeSpace_disable_image_sizes');
    
    // 画像の拡大縮小を無効にする
    add_filter('big_image_size_threshold', '__return_false')。
    
    // 他の画像サイズを無効にする
    function shapeSpace_disable_other_image_sizes() {。
    	
    	remove_image_size('post-thumbnail'); // set_post_thumbnail_size () で追加した画像を無効化する。
    	remove_image_size('another-size'); // 追加された他の画像サイズを無効化します。
    	
    }
    add_action('init', 'shapeSpace_disable_other_image_sizes');
    

    出典:Jeff Starr氏のブログ WordPressの自動生成画像を無効にする方法 – 完全ガイド.万が一、間違って貼り付けてしまった場合に備えて、その投稿からコードをコピーしておくことを強くお勧めします。

    Jeff Starrはまた、いくつかのプラグインと あるある(私は試していませんが)人生を複雑にしないことを好む人のために。

    残像を読み込むには

    さて、画像をアップロードする際に作成される必要のない余分なサイズの作成はすでに無効化されているはずです。

    ここで、テスト画像をアップロードして、これらの余分なサイズが生成されないことを確認します。私の場合、こんな感じでした。

    WordPressで自動作成される画像のサイズが異なるのを無効化する方法

    しかし、アップロードされた画像のうち、今残っている未使用のものを削除するにはどうしたらいいのでしょうか?

    少なくとも2つのあまり複雑でない選択肢があります。

    手でもう少し面倒で時間のかかるもの。CpanelのファイルマネージャーやFTPクライアントから、300×300、768x、1536xなど、固有のファイル名文字列で検索し、削除することが可能です。

    画像が多い場合は、プラグインの サムネイル再生というのは、今でも十分通用する。

    アレックス・ミルズの定番プラグインであるこのプラグインが行うことは、アップロードされた画像のサムネイルを再生成することです。メディアライブラリから1枚ずつでも、数が少なければ一度にでも可能です。

    インストールして有効化すると、「ツール/サムネイル再生」から開くと、このように表示されます。

    WordPressで自動作成される画像のサイズが異なるのを無効化する方法

    そこには、WordPressが使用するほぼすべてのサイズのリストが表示されますが、すでにそのほとんどの作成が「登録解除」されているので、“Delete thumbnail files of old sizes without registering…” オプションもチェックして、テスト画像1枚でテストすることをお勧めします。

    WordPressで自動作成される画像のサイズが異なるのを無効化する方法

    この1枚の画像のテストがうまくいけば、すべてのXXXXの添付ファイルのサムネイルを大量に再生成することができます(最初のボタン)。これで余分なサイズを一度に取り除くことができます。

    最近やったのですが、画像数が多く(20K以上)、途中で処理が中断したためか、一括再生に失敗した記憶があり、メディアライブラリから200枚単位でブロックを組んで行う方法を選びました。

    WordPressで自動作成される画像のサイズが異なるのを無効化する方法

    作業が完了したら、プラグインをアンインストールすることができます。

    十分なスペースを確保した今、これを活用するのが良いアイデアです。 .jpgの最適化されたコピーを.webpフォーマットで作成します。プラグインで無料 Litespeedキャッシュ Litespeedでホスティングしている場合。


    Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

    Artículos relacionados