WordPressの記事とページに読書時間の目安を追加する方法

 
  • ES
  • RU
  • CN
  • PT
  • DE
  • IT
  • FR
  • EN
  • WordPressの記事とページに読書時間の目安を追加する方法

    読書時間です。

    読書時間を報告することで、サイトの利用時間が増えるのでしょうか?

    場合によっては、この情報を追加することで、訪問者の滞在時間を増やすことができます。

    さまざまな分析や経験から、少なくとも そうです記事を読むのにかかるおおよその時間があらかじめわかっていると、人はその記事にアクセスしやすくなることは明らかです。

    読むスピードは?

    読書 異文成人の平均読書速度は1分間に240語、理解度は60%だが、紙ではなくコンピュータの画面で読むと読書速度は約25%低下するなど、データや近似値が繰り返されることもある。

    このため、以下の例では、速度を200ワード/分に設定しています。

    プラグインなしで読書時間の目安を追加

    この情報は、プラグインやちょっとしたコードで追加することができます。ここでは、単純な1つのことだけを行う新しいプラグインのインストールを避けることがドグマであるように、(他に。 もっともを使った方法を説明します。 スニペット.

    もっと視覚的でシンプルなもの、例えば上部にある読書進捗バーが読書に合わせて埋まっていくようなものをお望みなら。 ここにあるのはプラグインを使わずに追加する方法。

    私が選び、テストした 本コードというのも、画像の読み取り時間も考慮し、10秒に設定しているからです。

    このパラメータは、画像の種類や大きさ、含まれる要素やテキストの数などに依存するため、かなり相対的なものですが、総数のバランスをもう少し良くすることができると思います。

    画像を含むこの推定を加えるブログはあまりないのですが、このブログでは画像がたくさんあり、そのほとんどがヴィネットで、その性質上テキストが少ないので、10秒のままにしましたが、それでも私には多いように思われます。

    ミディアム例えば、1枚目が12秒、2枚目が11秒、それ以降は1枚ごとに1秒短くなるように設定した場合、1分間に265文字で計測しています。10枚目以降は3秒でカウントされます。 ソース.

    中国語、日本語、韓国語の投稿の場合、Mediumは1分間に500文字に設定し、画像については上記と同じ設定にしています。

    コード

    このコードは、画像の高さなどに応じて秒数の計算やより複雑な変数を追加して、もう少しデータを洗練させるようにすれば、いつでも改良できる(詳しい人はぜひそうしてほしい)。

    <?php
    
    function wp_reading_time() {
     
    // GET THE CONTENT OF THE WORDPRESS POST
    $content = get_post_field( 'post_content', $post->ID );
     
    // COUNT THE NUMBER OF WORDS
    $word_count = str_word_count( strip_tags( $content ) );
     
    // COUNT THE NUMBER OF IMAGES
    $image_count = substr_count( $content, '<img' );
     
    // READING TIME OF TEXTS - 200 WORDS PER MINUTE
    $reading_time = $word_count / 200;
     
    // READING TIME OF IMAGES - 10 SECONDS PER IMAGE
    $image_time = ( $image_count * 10 ) / 60;
     
    // ADD READING TIME OF TEXTS AND IMAGES
    $total_time = round( $reading_time + $image_time );
     
    // DETERMINE IF SINGULAR OR PLURAL (MINUTE/MINUTES)
    if ( $total_time == 1 ) { $minute = " min"; }
    else { $minute = " mins"; }
     
    return $total_time . $minute; }

    コードを追加する方法はいくつかあります。WordPressのテンプレートエディタ(外観/テーマエディタ)から直接functions.phpをダウンロードしてローカルで編集するか、Cpanelのファイルマネージャなどから「オンザフライ」で編集することができます。

    もし、このスニペットをテンプレートのfunctions.phpファイルに手作業で追加する勇気がない場合は、プラグインを使用して追加することができます。 コードスニペットプラグインで、関数のコレクションを一カ所にまとめて整理しておくこともできます。

    こうすることで、何かが壊れたり、PHPやプラグイン、WordPressコアの更新でコードの互換性がなくなったりした場合に、すばやく簡単に変更を元に戻すことができるようになります。

    そして、このコードを追加するだけで、ブログの「推定読書時間」と書かれたところに、分単位を塗ることができますので、あなたが一番良いと思うものを書いてください。

    <?php echo "YOR TEXT HERE -Tiempo estimado de lectura: " . wp_reading_time(); ?>

    好きな場所に追加することができますが、テンプレートが投稿の著者、公開日、コメント数などを表示する投稿メタに入れようと思った場合は、content.phpまたはsingle.phpファイル(各テンプレートによる)、ページにも追加したい場合はpage.phpの投稿メタのループにコードを追加する必要があります。

    動作確認後、書式を調整したり、アイコンを追加したりするだけです。ここではこのように表示されます。

    WordPressの記事とページに読書時間の目安を追加する方法

    で作成したショートコードで追加することを選択しました。 アドインサーターについて 子テーマElementor PROで作成したテンプレートに すべての記事について.

    Cómo añadir el tiempo de lectura estimado en los post y páginas de WordPress
    WordPressの記事とページに読書時間の目安を追加する方法

    ごちゃごちゃしているように聞こえますが、非常にクリーンなオプションなので、WordPressのコードを1行も触る必要がなく、いつでも素早く簡単に修正することができます。

    2021年9月9日更新

    おまけ、プラグインなしのワードカウンター

    各投稿の文字数を簡単かつ迅速に追加する方法です。タイトルの下でもメタでも、好きなところに置いて、ちょっとしたCSSで整形すればいいんです。

    1-Code Snippetでショートコードを作成します。

    add_shortcode('counter', 'word_count');
    function word_count() {
    $content = get_post_field( 'post_content', get_the_ID());
    $word_count = str_word_count( strip_tags( $content ) );
    return $word_count;
    }
    echo ' ' , word_count();

    最後に、上記と同じ方法で、テンプレート内にElementorでショートコード「counter」を追加します。

    そして、この結果です。

    Contador de palabras sin plugin para WordPress

    Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

    Artículos relacionados