WordPress 6.3のパフォーマンス改善

 

6月28日、WordPress 6.3の最初のテストバージョン(ベータ2)がリリースされました。これは、リリースのパッケージングに技術的な問題があり、開発スケジュールを遅らせないためにベータ1をスキップすることを選択したため、実際には2番目です。

WordPress 6.3のパフォーマンス改善

2023年8月8日にリリースが予定されているWordPress 6.3は、カスタマイズに焦点を当てたGutenbergの4フェーズプロジェクトのフェーズ2の最後のメジャーリリースとなります。

また、15.2から16.1までの10種類の最新バージョンのGutenbergプラグインが組み込まれる予定です。


また、Gutenberg 16.1の新機能として、2022年11月にGutenberg13.3.0で実験的ブロックとして追加された新しい目次ブロックの開発があります。

これらのバージョンのGutenbergで何が新しくなったのか、そして最適化の改善点、この2点が一番気になるところですが、主にパフォーマンス関連なので、ここ数日いじってみました。

パフォーマンス

WordPress 6.3では、6.1で開始され、6.2で拡張された最適化とパフォーマンスの改善計画が継続され、170以上のパフォーマンス関連のアップデートが含まれています。

延期と 非同期のサポートが API に追加されました。(これは13年前に開かれたチケットをクローズしたことに注意してください)また、画像に対するfetchpriorityのサポートも追加されました。

私たちが読んだところによると、ブロックテンプレートの解像度、画像の遅延ロード(Lazy Load)、絵文字ローダーの最適化が行われ、これらすべてがLCPのパフォーマンス向上に貢献するとのことです。これはDOMと大きく関係しており、Googleの新しいCore Web Vitals指標であるINPに(どの程度かはまだわかりませんが)良い影響を与えるのではないかと推測しています。

PHPバージョン8.0、8.1、8.2との互換性も改善されました。

現在、6.2.2と比較して測定可能な結果を得るための最良の方法を見つけるべく、あらゆることを調査中です。

ベータ版やRC版で新しいものをテストし、すべてのプラグインや改修が正常に動作していることを確認したい場合は、ステージング環境下でWordPress Beta Testerプラグインを使用するのが最も速く、リスクゼロの方法であることを覚えておいてください。

これを行うには、プラグインをインストールし、「Early Development」を選択して保存し、更新時に表示される新しいオプションで「Beta/RC Only」にチェックを入れて再度保存します。この後、最新バージョンに更新し、次のバージョンの通知を受け取り続けることができます。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting