WordPress 6.4の新しいブロック

 

WordPress 6.4のリリース日が決定しました。2023年11月7日にリリースされ、最初のベータ版は9月23日に予定されています。

最終バージョンには5つの新しいバージョンのGutenbergが含まれ、少なくとも3つの新しいブロックが含まれます。

目次ブロック

おそらく3つの新提案の中で最も有用なもの。

このブロックは5月のGutenberg13.3. 0で 実験的に追加され、私もその時にテストしました。現時点ではシンプルで、カスタマイズオプションも基本的なものですが、現在は完全に機能しているので、カスタマイズに関する改善が追加されることを期待しています。

Gutenbergはつい最近16.5にアップデートされました。この未来の目次ブロックには目立った変更はありません。

Gutenbergがバージョン16.5にアップデートされました。

読書時間ブロック

WordPress 6.4に追加される読書時間ブロック

このブロックも2023年5月にバージョン15.3でGutenbergに追加されたもので、あまり謎ではありませんが、エントリーやページの推定読書時間を計算して表示するために使われます。私も昔テストして、ここにメモを残しました。

いくつかの研究によると、この情報を追加することで、訪問者のサイト滞在時間を延ばすことができるそうです。

スクロールテキスト付きマーキーブロック

Gif animado con un texto que se desplaza horizontalmente.
画面をスクロールするダサいテキスト

3つ目のブロックはScrolling Marquee Blockと呼ばれるもので、大雑把に訳すと「スクロールするマーキーブロック」で、私には絶対に不要なものに思えます。

これは、かつてニュースやお知らせをテキストで表示するために使われていた、水平にスクロールする典型的な横棒です。一部のニュースページでは今でも使われていますが、私には90年代半ばにタイムスリップしたような古臭さがあり、今日ではユーザビリティ、読みやすさ、アクセシビリティにマイナス点をもたらすだけのように思えます。

画像ブロックのライトボックス

これはブロックではありませんが、ブロックに直接関係するものです。

Lightboxは、画像を開くときの動きと背景の両方で、さまざまな構成のオーバーレイウィンドウで開くことができ、×印や背景をクリックすることで閉じることができるエフェクトで、画像を新しいウィンドウで表示せずに拡大表示するのに便利です。

WordPress 6.4で予定されている画像ブロックのライトボックス

実際、私のテンプレート(GeneratePress)にはまだ組み込まれていませんし、短期的に追加される見込みもありません。ナビゲーションが少し不便でなくなり、より論理的になるので、役に立つと思います。

現時点では、この実験的な機能は、画像ブロックで個別に有効にするオプションとして追加することのみ検討されています。詳細はこのスレッドで

パフォーマンス

私が最も興味を持っている問題に関しては、すでに発表されているパフォーマンスチームの作業があります:

  • Coreの新しいスクリプトロード戦略APIを利用します。
  • 自動読み込みオプションの改善。
  • サーバーパフォーマンスのボトルネック、特にテンプレートの読み込みを特定し、改善するための作業を継続します。
  • ローディング最適化属性 "loading"、"fetchpriority"、"decoding "の実装の信頼性と柔軟性の向上。
  • 自動ワークフローとパフォーマンステストパネルの機能拡張。
  • theme.json API を改善するための継続的な取り組み。

ロードマップでは、WordPress 6.4がもたらすその他の修正、改善、タイポグラフィ管理機能などの小ネタについて読むことができます。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting