WordPress 6.1には「データベースの大幅な性能向上」が含まれています。

 
 

これは、コア開発貢献者のJonny Harris氏の言葉です:「。WordPress 6.1では、データベースのパフォーマンスが大きく改善されています。WP_Query のデータベースクエリがキャッシュされるようになりました。5年以上取り組んできたチケットがマージされました。これにより、データベースへの問い合わせの繰り返しが何十億回も減るはずです。“.

これはバージョン6.0にすでにあった改善点ではないのか、という質問に対して、ハリスは「データベースの性能は常に改善している。6.0 で用語クエリのキャッシュが改善されました。これはポストクエリー・キャッシングです。関連性はあるが、同じではないこの問題は6.0.1で修正されました。自分でパッチを当てました。

この特別な機能強化に関する文書はまだありませんが、数日中に詳細な情報が得られると思います。

WordPress 6.1は、11月1日にリリースされ、2022年の3回目のメジャーアップデートに向け エフエスイー(ネイティブオプションとしてフルサイト編集が可能)。

ベータ3は本日よりインストールおよびテストが可能で、10月11日から25日の間に、開発サイクルに応じて3つのリリース候補がテスト用に提供される予定です。

WordPress 6.1には「データベースの大幅な性能向上」が含まれています。

昨日、新機能を試すつもりでテスト環境にベータ2をインストールしたのですが、一番の関心事であるクエリキャッシングのパフォーマンス向上が大いに期待でき、読み込み速度の違いを計測できるようになったことが主な理由です。

この新しいデータベース・キャッシュ機能では、データベースに直接問い合わせる代わりに、WPはまず要求されたものがキャッシュされているかどうかを確認し、そこから情報を抽出します。その結果、クエリーを節約することができ、(このブログのように)大量の投稿がある大きなデータベースでは、パフォーマンスを大幅に低下させることができます。

WordPressの開発版をテストすることを勧められたら、必ずステージング環境で行い、決して本番サイトでは行わないことを忘れないでください。これを行うには WordPressベータ版テスタープラグインをインストールし、キャッシュが完了したらアンインストールしてください。

テストしている間、先日もらったこの花火をここに残しておく。少なくとも全ページに渡って繰り返されることはあまりないだろうから。

WordPress 6.1には「データベースの大幅な性能向上」が含まれています。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados