ヴィネットで見る1898年の米西戦争

 
  • ES
  • RU
  • CN
  • PT
  • DE
  • IT
  • FR
  • EN
  • ヴィネットで見る1898年の米西戦争

    ヴィネットで見る米西戦争

    スペイン(La Correspondencia, Blanco y Negro, D.Quixote, Cuba Española)とアメリカ(The World NY, Herald)の漫画が、当時の「インフォグラフィック」として対峙しています。出典:『サンフランシスコ・コール』1898年5月15日号、18ページ

    米西戦争の結果はどうなったのですか?

    米西戦争(1898年4月25日〜8月12日)は、「98年の災害」「1898年のキューバ戦争」とも呼ばれ、スペイン帝国の衰退と最後の海外植民地の喪失を意味するだけでなく、タブロイド紙の紙面で戦われたもう一つの争いの幕開けとなったのだ。

    1898年の戦争は、メディアのセンセーショナリズムによって引き起こされたとは言えないまでも、少なくとも加速された最初の戦争であった。この年は、スペインのマスコミに波及した、アメリカのタブロイド紙誕生の年とさえ言われている。

    アメリカのメディアは自国を伝統的に強力で正義の「アンクル・サム」として描き、スペイン人を野蛮人、殺人者、無知、嘘つき、同情的なインチキ、偽善者、闘牛士や山賊に扮した者として描写したのだ。虐殺、陵辱、拷問を捏造し、中途半端なプロパガンダに溺れたのである。

    スペイン人はまた、すでに「反米主義」と呼ばれ始めていたものをさらに高めて、「ヤンキー」を侵略者の豚、略奪者、殺人者と描き、スペイン人を象徴するイメージとして、獰猛なライオンをよく用いた。

    この紛争に関するさまざまな自説を読み解くことによって、一方の銀行による攻撃を強調し、責任の所在を明らかにすることができるのだ。

    スペインの漫画よりもアメリカの漫画に関する資料が多く、新聞よりも雑誌に広く掲載された。これは、スペインの報道機関が危機的状況に陥り、いくつかのタイトルが驚きをもって迎えられたことと、当時他のタイトルが信頼を得ていたことが偶然にも一因であったのだろう。

    米西戦争時代の漫画

    これは、米西戦争の前後、新聞や雑誌で両者の間を行き来した漫画のうち、すべてではないが、いくつかの漫画のレビューである。日付順に並んでいるが、すべて1898年のものである。

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    ラ・カンパナ・デ・グラシア誌1498号(1月29日発行)。

    キャプション:「友情の仮面で彼はすでに足を中に入れている」。

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas
    2月11日、エンリケ・デュピュイ・デ・ロメ駐日スペイン大使が、キューバ島に関する対米関係やマッキンリーに関する 発言で辞任し、大統領としての能力を疑い、彼を弱者、ポピュリスト、ポリティカストロと評したことについて、サリバンがThe Times(ワシントンDC)に寄稿した漫画。

    その4日後、戦艦メイン号が爆発した。

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    3月11日に「Hot Springs Weekly Star」に掲載された無署名の漫画。永遠のアンクル・サムはスペイン人を叱責する:これは反逆か、偽りか?足元には死んだ船員。

    背景には、メイン号沈没事故で亡くなった方々のお墓があります。米国旗の上には「メイン州の英雄たち」の伝説が。

    スペイン人はお辞儀をする仕草をし、その頭上には「偽善的な同情」と書かれた小さな看板が立っています。

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    の『ソルトレイク・ヘラルド』に掲載された漫画。 3月27日.ブローカーはスペインとの対決を避けるために「アンクル・サム」を止めようとするが、背景には戦争の引き金となった戦艦「メイン」が沈んでおり、「メインを忘れるな、スペインなんてくそくらえ!」というフレーズと戦意が生まれる。 – “メイン “を忘れるな!”スペイン “は地獄に落ちろ!?

    スペインの蛮族

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    また、3月27日付の『アナコンダ・スタンダード』(モンタナ州)では、スペイン人の残虐性にかなりのスペースを割いており、彼らは異なる血の混合物の中にそれを宿していると主張している。”彼らは冷酷だから慈悲はない “と、それ以上議論することなく言われる。3枚のイラストで、スペイン人が人を焼き殺し、他の人を様々な方法で拷問し、殺している様子を描いている。

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    シカゴ・クロニクルの漫画がヘラルドに掲載されました。 4月1日

    その映像の中で、スペイン人と戦うことを決意した「アンクル・サム」が、乳母として描かれたマッキンリー大統領を引き離そうとし、幼い王(アルフォンソ)を起こさないように気をつけるようにと警告している。スペインの経済状況に関連した言葉が、彼のゆりかごの中に出てくる。

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争

    4月10日付のThe Saint Paul Globe紙の一面に「イベリア半島の半蛮族が5日間、白旗を掲げた」と書かれている。

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    4月21日に The Topeka State Journalの一面に掲載されたThe New York Worldの漫画。アンクルサムがスペインに西半球からの退去を促す。

    “平和的か武力的か “あなたの選択です。

    スペインが失ったもの

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas
    サンフランシスコ・コール・デルのページ 4月24日は、開戦の前日、「スペインが失ったもの、1640年以降王室から逃れた/抜け出した国々」というタイトルで、「スペインが失ったもの」を紹介しました。

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    2898年4月30日雑誌『Madrid Cómico』に掲載されたラモン・シーリャの漫画。no sea mackinleiro “という表現は、アメリカの大統領マッキンリーのことを指している。スペインの漫画のトーンは、ある種の距離感、ほとんど無関心さを示している。

    実際、戦争の影響は庶民よりも植民地の商業的利害関係者に多く感じられたため、多くの人がほとんど気づかなかったと指摘する文献もある。

    もう、そのような場所に派遣されることはないのだ、と安堵のため息をついた人も少なくない。

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    The Evening Star,12 May,ページ参照

    メイン、大きな言い訳

    新聞の紙面から、スペインの漫画家たちはすでに、「アメリカの豚」の描き方を変えなければならないと、脅しと予言によって警告されていたのだ。太っていて、活動的でなく、怠惰で無害な豚ではなく、もっと獰猛で、牙を剥く恐ろしい生き物として描かなければならないだろう。

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    The Herald,15 May.”メイン “を忘れるなメイン号の沈没にスペインが関与していることを証明できないにもかかわらず(事故によるものかもしれないが、アメリカ人が沈めたという説もある)、マスコミはスペインを非難するスローガンを引き続けた。

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    キャプション:Camino de la M.(糞を指すと理解される…?)

    アメリカ人を追放したスペインの船は、再び豚として描かれた。

    5月27日(金)発売の雑誌「ドン・キホーテ」 21号に掲載されたイラストです。

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    5月28日発行の雑誌『laCampana de Gràcia』(1518号)の表紙。

    タイトル:「スペインの絶望」。キャプション:「アメリカにおけるヨーロッパの権利を守るために、私は私の息子、私の血、私の財宝を捧げます。

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    5月22日 アメリカの様々なメディアから集めた漫画が『The San Francisco Call』に掲載される。

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争

    6月3日付「The Herald」紙上での漫画。サガスタ大統領は国王とともに降伏し、矮小化し、泣き、彼の名誉に感動し、背景にはスペインの銀行が沈んでいる。

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争

    Madrid Cómico誌、799号、6月11日。この漫画は、歴史的なスペインの勝利を賞賛し、アメリカ人を軽蔑し、彼らの唯一の力は金であると指摘している。

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争

    7月3日(日)の『The San Francisco Call』に掲載された漫画の編集。

    スペインの「モンスター

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    たとえば、グラント・ハミルトン(1862~1926)が1898年7月9日に描いた表紙には、「スペインの獣は殺人に切断を加える」というキャプションがあり、メイン号の爆発による船員の死に関連したものである。

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争

    7月10日The Herald』紙に掲載された別の「Barber」漫画には、「Will Spain let her fly?絵の中では、スペイン人が平和を表す鳩の羽に塩をまいている。

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争

    1898年7月23日、雑誌『Madrid Cómico』に掲載されたホアキン・シャウダロの漫画。

    シャウダロは、自己批判と皮肉を織り交ぜて表現する。

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    8月2日付のThe Heraldに再びBarberが登場。スペイン人が欧州の門を叩き、戦争への介入を要請する。看板には、「チート(不逞の輩)はお断り」とある。

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争

    8月4日、『The Valentine Democrat』に無署名で掲載された漫画。

    説明スペインを代表する人物が、「お前の時代は終わった、もう人類を惨めにさせるな」と書かれた壁の落書きを見ている。この本は、彼の膝の上に、異端審問、メイン号沈没、暗殺、拷問など国際的な「功績」が挙げられています。

    La guerra hispano-estadounidense en viñetas

    8月14日、戦争が終わり、『ヘラルド』紙は「西半球の避難」と題したこの漫画を掲載。退却するスペイン人がロバに乗り、右手に「名誉」と書かれた羊皮紙を持っている。ベラスケスの絵画「馬に乗ったバルタサル・カルロス王子」をパロディ化したものです。著者はベラスケスの署名の横に謝辞を述べている。

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争

    “教訓 “を得た。このシーンでは、一転して戦争のルールを手にしたアンクル・サムが、スペイン人に平和の教訓を学ばせるのである。

    の漫画。 9月2日The Kinsley Graphicに掲載された漫画は、他の多くのメディアでも再現されています。

    参照した資料

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争歴史資料バーチャルライブラリー

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争Arca, arxiu de revistes catalanes antigues (カタルーニャ語古い雑誌のアーカイブ)

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争米国議会図書館

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争米西戦争の漫画。チャールズ・ルイス・バーソロミュー、1869年-1949年

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争1898年のマドリードの新聞 コンチャ・エド、UCM (PDF)

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争1898年スペインとアメリカにおける報道と世論、Juan Jiménez Mancha、UCM SEECI Journal

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争19世紀のアメリカのセンセーショナルな報道と、米西戦争への貢献。当時のアメリカの一面を分析。Fernando Barahona(PDF)

    ヴィネットで見る1898年の米西戦争

    Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

    Artículos relacionados